9月25日チャネリングライブ夜PART4ーパラレル世界と人間の魂とスピリット

PART4 パラレル世界と人間の魂とスピリット

〇TAKESHI
3次元世界で生きている私たち人間の体、これはどのようなものから成り立ち、またどのような仕組みになっているのか、そして私たちが魂やスピリットと呼んでいるものの本質は何なのか、分かりやすく教えていただければ嬉しく思います。


〇ラナさん
まずは、皆さまが肉体と認識しているもの、そして見ている現実全ては魂が作り出しております。
魂がどのような自分自身を生み出したくて、どのような経験をしたいのか、すべてを考え創り出しているのです。
そしてそのような自分自身が無数に何百、何千と存在しており、それをパラレル世界(ワールド)と呼びます。
魂があらゆるパラレル世界の自分自身を作り出し管理しております。
たくさんのパラレル世界の皆さまがいらっしゃるのですが、魂はただ一つです。
ただひとつの魂からたくさんの自分自身が作られ、そして色んなバージョンの自分自身が作られ、それがパラレル世界となって存在しているのです。

そして各パラレル世界の自分自身に合わせたメインのスピリット及びサブスピリットも生み出されております。
皆さまは各パラレル世界の自分自身に合ったスピリットとサブスピリットを持っているのです。
1人につき全く異なったスピリットを持っているということになります。
なぜなら別々の人生を、それぞれのパラレル世界の皆さまが生きるために、別のスピリットが必要なのです。

全く同じスピリット、全く同じサブスピリットを思った自分自身が無数にいたとしたら、すべての世界が同じような選択をし、同じような世界を作り出してしまいます。
もちろん、今の皆さまが現実として認識している肉体と実際に見ている世界に似通ったパラレル世界では、皆さまは似たようなスピリットを持ち、似たような世界を作り上げています。
その内容が少しだけ違うということだけです。
自分との意識が異なればなるほど、全く違う自分を作り出し、全く違うパラレル世界が存在します。
中には全く違う星に同じ時間軸で生きている皆さまもいらっしゃいます。
皆さまが想像もできないことをしている自分自身もいるということなのです。


〇TAKESHI
例えば私のパラレル世界が100個あるとすると、その100人の私は異なる魂を持っているのではなく同じ魂から生み出されたものということになるわけですね。
そして100人の私がそれぞれ持っているスピリットとサブスプリットも異なると思いますが、100人の私を取りまとめている魂の判断によって、そのパラレル世界が不要になったら消滅したりすることになるのでしょうか。


〇ラナさん
はい、魂がその世界が不要になったと思ったら、その世界を消滅させるための出来事が起こってきます。
その世界を完結する必要があるからです。


〇TAKESHI
私は以前、自分の波動が上がって別の世界に入っていった時に、古い世界の自分が病気で亡くなったり、事故で死んだイメージを何度か見たことがありますが、それぞれの世界で私は病気になったり事故で死んでいくことで、そのパラレル世界が終了するということになったのでしょうか


〇ラナさん
その通りです。
自分の不要となったパラレル世界が終了したその瞬間を感じられたのです。


〇TAKESHI
それと同時に、私が新しい選択をすることによって、新しい可能性が広がり、さらに新しいバージョンとして新しいパラレルワールドが生まれることになりますか。


〇ラナさん
はいそうです。
魂の選択によって、例えばAからZまでの平行世界があるとしましょう。
Aのパラレル世界にZのパラレル世界を組み合わせてみたら、さらに貴重な経験をすることができると魂が判断したらAの世界とZの世界がミックスされる可能性もあります。


〇TAKESHI
魂というのはそれだけたくさんのパラレルワールドを作り出す必要があるのでしょうか


〇ラナさん
ひとつひとつの人生において、より多くの事を体験し、そこから得られた知識によって、自分の魂を成長させるためです。


〇TAKESHI
この魂はどのようなものから生み出されましたか。


〇ラナさん
この魂は皆さまの本体である大きな宇宙意識から生み出されました。
宇宙意識はあらゆる体験と知識を必要としているからです。
より自分を成長させるためです
大きな宇宙意識は自ら経験を得て、自らを成長させるために、魂を使って多くの人生を生み出し、その一つ一つの人生から生み出された経験や知識を受け取る事によって、大きな宇宙意識そのものが成長し続けるのです


〇TAKESHI
私達は私達を作り上げている魂と意識を同調することによって、他のパラレルワールドを見たり、他のパラレルワールドを体験することもできますか。


〇ラナさん
もちろんできます。


〇TAKESHI
それでは今私たちが行っているパラレルワードを移り変わっていくパラレルシフトについてこの魂との関係を踏まえて詳しく教えていただけませんでしょうか。


〇ラナさん
魂はあらゆる世界の自分自身を持っていることで、皆さまはあらゆる世界の自分自身とも繋がっているということにもなるのです。
遠く離れたパラレル世界の自分自身とも繋がっているのです。
そのために、皆さまは全く考えたこともないことが急に頭の中にひらめき、そして実行するということも可能なのです。
あらゆるバージョンの自分自身が存在するからこそ、あらゆるアイデアが生まれるということもございます。そして魂が無数のパラレル世界の自分自身とつながっていることで、魂を通じてパラレルシフトが可能となっております。

皆さまが頭の中で理想とする生活をイメージした時、そのイメージ通りに生きている自分がいるからこそ、あのようになりたい、あのような生活をしたい、と思うようになるのです。
なりたい自分、やりたいこと、願っていること、というものは実際に願いを叶えた世界を現実として生きている自分自身がいるからこそ、憧れたり願ったりするのです。
そのようなパラレル世界の自分自身がいない場合は、願いや憧れもありませんし、なりたいとも思わないでしょう。

皆さまの平行世界の中には、皆さまが魅力的と感じる生き方をしている自分自身がいるからこそ、こうなりたいと思われるのです。
そして皆さまが憧れを抱いた生き方を実際に生きている自分自身がいらっしゃるのです。
その世界に存在している自分自身にパラレルシフトするだけで、理想とする世界を生きることができるようになるのです。


〇TAKESHI
例えば、私はラナさんのワークの時に、近未来をイメージすると、多くのスターピープルと共にこの地球でコズミックビレッジをさらに発展させたコズミックリゾートというものを作って、ハイブリッドチュードレンたちの教育をしたり、あるいは地球人と宇宙人の技術提携をしたり、地球人が宇宙に向かって一緒に旅立っていくようなイメージをよく見ますが、実際、そのような事がすでに実現されている私の平行世界があるということでしょうか


〇ラナさん
もちろんです。
地球は何度もアセンションする機会がありました。
そのアセンションの機会が訪れた時、実際にアセンションに成功したバージョンの地球とアセンションに失敗したバージョンの地球がありました。
もうその時すでにパラレル世界が作られているのです。

いち早くアセンションに成功したバージョンの地球のパラレルワールドに生きているTAKESHIさんもいらっしゃるということです。
皆さまにとってはまるで未来であるかのように思えるTAKESHIさんは、もうすでに地球はアセンションしていますので、次元も6次元7次元かもしれません。
次元も高く、そしてもちろん異星人との交流も一般に行われております。
同じ2021年の9月の別バージョンのTAKESHIさんでは実際にそのような地球に生きているTAKESHIさんもいらっしゃるということなのです


〇TAKESHI
私がそのような人生をしっかりとビジョンで見ることによって、おそらくこのまま進めば大体2050年から2060年ぐらいにはこの地球もそのような状態になるのではないかと思うのですが、私がそのビジョンを見てそこにパラレルシフトをすることによって、今の人生の未来をより早く手元に近づけることもできますか。


〇ラナさん
TAKESHIさんが心からそうしたいと思えば可能です。


〇TAKESHI
確かに、私はこれからヤイエル文明の方とファーストコンタクトしたりおおすみ宇宙村の修復を行って宇宙村を作る事、自分自身で畑を作り野菜を育てたり古民家カフェを作ったりするような事を一つ一つ体験したいと私のスピリットや魂が望んでいるようなので、私は、その様な経験を、時間をかけて行いながら、そのような未来に入っていくのではないかと思うのです。
そのような経験を自分の魂は望んでいるのでしょうか。


〇ラナさん
魂というよりも今のTAKESHIさんの物理次元の意識がそのプロセスを体験したいと思われています。
そしてTAKESHIさんの魂も、そのことにとても興味を持たれております。


〇TAKESHI
ということは、私だけでなく他の人の魂も、その人が寄り道をしながら色んな体験を得て成長していくことを望まれているのですね。


〇ラナさん
もちろんです。


スピリットについて

〇TAKESHI
人間の魂やスピリットの話が出ましたが、スピリットの中には、メインスピリットとサブスピリットがあるという話を聞きましたがそのことについて詳しく教えてください。


〇らなさん
まず皆さまのメインとして存在しているスピリットは、皆さまの揺るぎない精神に当たる部分です。
例えば人々の先頭に立ち、皆さまを先導してあらゆるものを作り上げていくリーダー的な存在がいらっしゃるとします。
その方はパイオニアの精神を持ち、そのように人々を導くというスピリットを持っておられます。
ただ、導くというスピリットだけでは、皆さまは本当の意味でこちらの世界ですよと案内することはできません。

皆さまの意見をしっかりと受け止め、生かすための寛容な心や深い愛情、母性がなければいけませんので、そのためにマリア様の愛のスピリットを持っていたり、天使のスピリットを持っていたりする必要があるのです。
サブスピリットは大体メインとまるで正反対の役割を持つスピリットを思っている方が多いようです。
正反対のスピリットを持つことで本来行いたいと思うことがスムーズに行うことができるのです


〇TAKESHI
よくスピリットには天使のスピリットやフェアリーのスピリットであったり、魔法使いのスピリットがあるということをよく私は考えたりするのですが、その特質やそのような精霊達との関係性を持ったスピリットもございますか。


〇ラナさん
もちろんです。
戦士のスピリットがメインのスピリットだとしますと、正反対の妖精のサブスピリットを持っている方達もいらっしゃいます。
なぜなら本当の戦士になるためには、やはり繊細で優しい心を理解する必要があります。
全く性質的に異なったスピリットを持つ必要があるのです


〇TAKESHI
たとえば、天使や精霊達の働きをするサブスピリットがあるとすれば、実在する天使や精霊との関係性というものはありますか。
そしてこのスピリットというものは誰が作り出しているのですか。


〇ラナさん
精霊のスピリットや天使のスピリットは、本当の精霊や天使達からそのエッセンスを頂いているのです。
スピリットそのものは、皆さまの本体ともいえる大きな宇宙意識が作り出しています。
皆さまの魂と同様に、スピリットやサブスピリットというものも宇宙の大いなる意識が作り上げているのです。


〇TAKESHI
よくバシャールさん達のグループでは、スピリットの集合体に対してオーバーソウルという言い方をされますが、天使や妖精たちのスピリットなどをまとめている存在があるのでしょうか。


〇ラナさん
はい、それは3次元の世界をよりしっかりとサポートするために、様々なスピリット達がグループごとに細かく分けられた状態となっております。
3次元の世界は、あらゆる世界や次元がごちゃまぜに存在している世界です。
そのような世界をサポートするために、さまざまな存在たちが勝手に行動してしまうと、皆様をしっかりとサポートすることができないために、天使は天使たちのオーバーソウル、精霊は精霊たちのオーバーソウルというように同じ性格を持っている者たちが集まって細かく区分けをする必要がございました。

5次元以上の世界は、より世界を発展させる必要がございますので、そのような役割を持つオーバーソウル達が区分けすることなく、天使も精霊も一緒に存在し、一緒にあらゆることに取り組むということになっております。
なぜなら5次元以上の世界に入られた方達は、皆様全員がしっかりと自分軸が立ち、自分自身を責任をもって管理することができる方達が集まった世界だからです。
皆さまが大きな愛の意識で一つにまとまっている世界でもあります。
そのように状態になると、同じ性質を持ったもの同士で集まる必要がなくなるのでオーバーソウルも不要となります。
5次元以上の世界になってきますと対立ということも滅多に起こることがありませんので、あらゆる存在が一つの大きな意識になったとしてもぶつかり合うことがないのです。