10月16日チャネリングライブ夜PART3ーすべてのパラレルワールドをつなぐハイヤーセルフと高次の意識


〇TAKESHI
宇宙の高次の世界とつながるために、私たちは、自分たちの高次の意識やハイヤーセルフというものを使用していると考えておりますが、高次の意識とハイヤーセルフについて詳しく教えていただけますか。


〇ラナさん
はい、ハイヤーセルフは皆様と魂および宇宙をつなぐ橋渡しをしている存在、また橋渡し役の役割をしております。
皆様と魂をつなぐ、そして宇宙をつないでおります。
ハイヤーセルフがなければ、高次元の情報も理解することができないでしょう。
高次元の情報を、今現在の皆様自身が分かるような情報として通訳をしているのがハイヤーセルフです。
そしてハイヤーセルフがあることで、この宇宙のことやアセンションのことなども皆様が深く理解することができるのです。
ハイヤーセルフはあらゆる世界ともつながっておりますので、あらゆる世界から皆様に必要なインスピレーションを届けることができるのです。


〇TAKESHI
ハイヤーセルフというのは私たち1人1人についているものですか、それとも魂が作り出したすべてのパラレルワールドの人間に共通して1つという風になっていますか。


〇ラナさん
ハイヤーセルフは、魂と同じようにひとつです。
ハイヤーセルフはあらゆるパラレル世界の自分と繋がっております。
ハイヤーセルフも魂と同じように、魂が作った全てのパラレルワールドの私たち自身を見ることができるのです。

そしていま皆様が何かをしたいと思っているのならば、その希望に応じた情報を他のパラレルワールドの皆様から導き出して、皆様に教えるのです。
例えば皆様がこのような自分になりたい、このような生活をしたい、と思った時に、その思考や願いをハイヤーセルフが読み取り、その思考や願いが実現している人生に近いパラレル世界の皆さまを探しだし、そのパラレル世界にシフトするためのヒントを今現在の皆様に与えます。
そしてヒントを受け取った皆様は、そのヒントを元に頭の中でそのような人生を想像してパラレルシフトをするのです。
そうすることで簡単に願いがかなうのです。

なぜならパラレルシフトをすることで、もう既にその願いが叶っている自分自身の世界に入ることができるのです。
そうなると、いとも簡単に願いがかなうという形になるのです。
今現在の自分自身が、1から夢を叶えていくのではなく、もうすでに夢が叶い、そのような世界を現実として生きている自分自身に、現在の皆様の意識が入ることで1つになることができるのです。
そして、その自分として今日から生きていくことができるのです。

〇TAKESHI
するとハイヤーセルフというのは、私たちのパラレルシフトをサポートしてくれるという役割もあるのですね。


〇ラナさん
はいそのとおりです。
それから、高次元の存在の言葉やアイデア、考え方というのは物理世界では理解できないことが大変多くございます。
そのような情報であったとしても、物理次元の皆様が理解できるように解釈してわかりやすく伝えるということも、ハイヤーセルフだからこそできることなのです。
例えば皆様が、今4次元の世界にいるとしましたら、6次元、7次元、8次元の情報をそれぞれ聞いたとしても理解することができないのです。
そこでハイヤーセルフが、皆様がいる次元にあった情報として通訳をすることで皆さまが初めて高次の世界の情報を理解することができるのです。


〇TAKESHI
私は20年以上前から、天使やマスターたちの言葉をチャネリングして皆様にお伝えして来ましたが、これは私に関わっているハイヤーセルフが行ってきたことでしょうか。


〇ラナさん
高次元の存在の言葉を、ハイヤーセルフを通じて物理次元仕様にしてTAKESHIさんが皆様にお伝えしていたのです。
ハイヤーセルフはどんな世界ともつながることが可能です。
もちろん私が今存在している13次元という世界の情報も見事に通訳することができるのです。


〇TAKESHI
ということはEllieさんとラナさんの間にも、Ellieさんに関わっているハイヤーセルフが存在しており、Ellieさんとラナさんの仲介をしているという風にも考えられますか。


〇ラナさん
はいそのとおりです


〇TAKESHI
人によってハイヤーセルフの能力や特色というものは異なるものでしょうか。
例えば、私はチャネリング能力というもの主に使ったりしていますが、ほかの人たちは行動力やヒーリング力などのために使ったり、というように私たちが使いたい能力、私たちが得たい能力をハイヤーセルフがサポートするということもありますか。


〇ラナさん
人それぞれのハイヤーセルフは、あまり違いはないでしょう。
今、現在のTAKESHIさんがチャネリングをしたい、ヒーリングをしたいと思っていらっしゃるからその情報ややり方に関する情報等をハイヤーセルフが探し出して、TAKESHIさんに伝えているだけなのです。
例えば、TAKESHIさんがオリンピック選手になりたいと思えば、オリンピック選手になるための情報をあらゆる世界から取り寄せ、TAKESHIさんにお伝えするでしょう。
ハイヤーセルフは大変ニュートラルです。
ある意味、色を持ちません。
どのようなバージョンのどのような事も対応できます。


〇TAKESHI
これから私は。農業とか野菜作りをしようと思っているのですが、これからさらに農業に関する適切な情報も得られるということですね。


〇ラナさん
もちろんです。
TAKESHIさんが得たいと思う情報をあらゆる世界から探し出すコンシェルジュのような役割をしてくれる存在とも言えるでしょう。
優秀なアシスタントも言えるでしょう。


〇TAKESHI
はい、わかりました。ありがとうございます。
次にハイヤーセルフと似たような意識なのですが、特に私たちが高次の存在と繋がるために高次の意識というものを使いますが、これはどのような役割や目的を持っているか教えてください。


〇ラナさん
これは高次の世界に存在する自分自身のパラレルワールドのあなた自身です。


〇TAKESHI
ということは私の中にある数多くあるパラレルワールドの中で、私よりもはるかに高い次元に存在している私が今のこの私をサポートするために高次の意識として存在しているということでしょうか。


〇ラナさん
高次の意識は、あなたをサポートするためにいるわけではありません。
パラレルワールドの1つとしてただ存在しているだけです。
あなたがその高次の世界の情報を知りたいと思っているからこそ、ハイヤーセルフを通じて高次の意識があなたの中に流れ込んできているだけなのです。


〇TAKESHI
ということは、この高次の意識というのは、私の高次元存在の意識の情報をハイヤーセルフが私に伝えてくれているということになるわけですね。


〇ラナさん
はいそうです。


〇質問者
ハイヤーセルフのことでお伺いしたいのですが、以前他の方からハイヤーセルフと自分自身の癒合度という話を聞いたことがあるのですが、ハイヤーセルフと自分自身のつながりについて教えてください。


〇ラナさん
ハイヤーセルフというのは魂と宇宙そして今現在の皆様をつなげるための橋渡し役です。
パーセンテージという3次元的な解釈をするのではなく、もっとシンプルに感覚的に捉えられると良いでしょう。
ハイヤーセルフは元から自分自身と1つになっております。
ハイヤーセルフと繋がっていない方など一切いらっしゃらないのです。
ハイヤーセルフがいらっしゃるからこそ、きらめきやアイデアというものも浮かんできます。
ハイヤーセルフが、あらゆるパラレル世界の自分自身と皆様を繋げてくれているからこそ、夢も浮かんでくるのです。

感覚で捉えられると良いでしょう。
もっと軽やかにわくわくの気持ちを大事にして、ハイヤーセルフとはいつでも繋がっていると信頼することで何の心配もしなくなるでしょう。
なぜならハイヤーセルフはあなた自身でもあるからです。
あなたとつながっていないということは一切ございません。
今自分がどうあるべきか、どうありたいか、でハイヤーセルフが情報をただ選んでいるだけなのです。
今のあなた自身に合わせてハイヤーセルフはあなたに伝える情報を選び、姿を変えたりもします。
離れている感覚になるのは、今現在のありのままの自分を押し殺し、3次元にフォーカスするときだからです。