第1章 多次元世界の説明2 

20210604-101351.png


PART4 7次元から10次元

そしてさらにアセンションを進めていくと7次元から10次元の世界へと入っていきます。
7次元の世界に入るともう肉体を持って存在することができなくなります。
またその世界にも物質というものが完全に無くなります。
まるで水が湯気となり蒸発して分子として存在しているように、物質として存在するための絆というものが失われ、物質を構成していた分子がバラバラになってこの宇宙の中に存在することになります。

ではそこに何があるのかと言うとエネルギーと意思が残ります。
私達のエネルギーは、もう物質というものの中に閉じ込めることができなくなりますので、私達は肉体を持たないエネルギー体として存在します。
エネルギー体は意思を持ちますが、完全に肉体を失ってしまったエネルギーというのはすべてが共有されますので、その次元にいる同じ種族の者達は共通の意識というものを持ちます。

つまり1つの意識の中で少しばかりの個性をもって生きると言った方が良いかもしれません。
私達ササニ文明はまさにそのような文明です。
私達は共に協力し合いながら、この宇宙に生きる多くの種族が愛のもとに成長するようにサポートしているのです。

皆さんが私達の姿を完全に見たり、私達と触れ合うためには、皆さん自身も非物質的な体になる必要があるかもしれません。
皆さんが6次元もしくは5次元の位置にくると私達の意思や私達のエネルギーをもっとリアルに感じることはできるかもしれませんが、私達と同じような次元に入ることによって私達ともっと深く交流することができるようになります。

もちろん、その時になると、皆さん自身が非常に高い意識やエネルギー体になっていますので、私達が皆さんに何かを教えるということはなくなり、友人関係になります。
皆さんは、皆さん達の一つに統合された意識によって動くことになります。
また統合された意識というものは、宇宙意識というものに変わっていきます。

7次元以降になると宇宙の愛をしっかりと理解して生きるようになります。
また、宇宙の意識に目覚めて宇宙の存在達に対する愛を持って生きるようになりますので、そこには上下の差というものはありません。

何が違うかと言うと、そのエネルギーと意思、生きる目的によって次元が変わります。
つまり私達、ササニ文明のように、まだ物質世界の者達に関わっていきたい、このようにメッセージを送ったり、人々のサポートをしていきたいという場合には7次元や6次元にとどまることもあります。
これ以上高い次元に行きますと、もう完全に皆さんと波長が合わなくなりますので、皆さんの体を通して話をするということは大変難しくなります。

ラナさんが13次元にいたとしてもEllieさんとお話ができるというのは、Ellieさんがラナさんと深い関係を持っているからこそできることなのです。
さらに言うならば、ラナさんのスピリットの1部がEllieさんとして、この地球に降りていると言ってもいいかもしれません。
その様な場合を除いて、普通の人達が8次元以上の高次元の存在と話をすることは基本的にはできないのです。

そしてこの7次元から10次元の世界というのは、もうすでに肉体を持っていないエネルギー体としてのスター・ピープルたちが存在しています。
彼らの目的はこの宇宙とともに成長することです。
それは14次元、15次元に存在している「宇宙の根源の愛」に向かって生きていく事、といってもいいかもしれません。

私達の最終的な目的はこの「宇宙の根源の愛」とひとつになっていくことです。
もちろん私達がその生命を終わった時にはこの宇宙の根源の愛と1つになります。
ただ私達が生命を持って「宇宙の根源の愛」と1つになるということは本当に素晴らしいことです。
そしてその世界から、私達はこの宇宙の1部として存在することになるのです。



PART5 11次元から13次元


さて11次元12次元13次元になると、本当に波長が高くなります。
もうここまで来ると3次元や4次元5次元に存在している人達は、その世界とは関わることができなくなります。

しかしながら、その世界からは皆さんのことは見えています。
確かに3次元の物理世界はもう見えなくなりますが、エネルギーとして存在している世界、あるいは4次元5次元6次元のエネルギーの状態に関しては見ることができます。
ですから、ラナさんのようにその世界から皆さんの事を指導するということは決して不可能なことではありません。

しかしながら、その世界にいる存在達はもうとても大きなエネルギーを持っています。
この地球という惑星と同じぐらいのエネルギーを持っている存在もあるようです。
そのためにそのような存在達は頻繁にこの地球に関わることができません。
つまり、それだけ大きなエネルギーが入ってくるとこの地球自体がエネルギーバランスを壊してしまうことになるからです。

通常、3次元4次元の世界には高次元の存在が入ることはできませんので、Ellieさんがラナさんのチャネリングを行うときは、ラナさんもかなりエネルギーを抑えています。
そして地球のエネルギーバランスが壊れないように、大きなシールドを作り、エネルギーのバランスの調整を常に行いながら皆さんと関わっているのです。
私達、6次元から7次元にいるササニ文明の者達や高次のヤイエル文明の者達もそうです。
私達も物理世界に関わると、ラナさんほどではないにしても、物理世界のエネルギーに大きな影響を与えてしまうので、頻繁に物理世界に入ることはできません。

さて11次元には、皆さんが考えている「グレート・セントラルサン」があります。
この「グレート・セントラルサン」は、私達にとっては、非物質的なエネルギーが物質的な世界を形成していくために必要な場所という意味かもしれません。
つまり高次元のエネルギーである「宇宙の根源の愛」というのは完全な非物質的なエネルギーです。

高次の世界に存在している非物質的なエネルギーが、宇宙という物質的な世界を作るためには、エネルギーをより物質的な状態に変換していかなければなりません。
ある意味、空気中に漂っている水の分子が水蒸気や湯気となり、そして水となり氷となるようなプロセスをエネルギーレベルで行って行かなければなりません。
3次元、4次元の世界にある固形物質が波動を高めていって、物質的な形態を脱ぎ捨ててエネルギー体となることと反対のプロセスが起こることになります。

非物質的なエネルギーの中に物質的な要素を持たせること、あるいはエネルギーの波長を下げて物質的なエネルギーへと少しずつ変換していくきっかけを与える作業というものがこの「グレート・セントラルサン」で行われているのだと、私達は考えています。

そして11次元から13次元には、高次のエネルギー体の意思、つまりラナさんのような存在がたくさん存在しています。
この世界に存在している者たちは、もはや物質的な意味での形などは持ちません。
ただ、存在している意思というものがあり、他の意思とも深く繋がってワンネスの世界を作り上げているのです。



PART6 宇宙の根源の愛

そして、さらにそれを超えると私達が「宇宙の根源の愛」と考えているような世界に入っていきます。
この「宇宙の根源の愛」は、宇宙の生命を生み出してきた源と考えてもいいかもしれません。
愛によってすべてが生み出されます。
愛によってすべてが育まれ成長していくのです。

愛によって生み出されたものは、愛を得ようとして育っていきます。
ですから、皆さんのような人間も、赤ちゃんとして愛によって生み出されています。
そのために、その赤ちゃんが成長過程で十分な愛を得ることができなければ、その赤ちゃんの性格は偏ったものになってしまいます。
また赤ちゃんだけではなく、皆さん人間一人一人もそうです。
皆さんが大人になったとしても、皆さんの中に愛というエネルギーが供給されなければ、皆さんの生育に問題が起きたり、孤独な人生を送ることになってしまいます。
ですから、人間は本能的に愛というものを求めているのです。
愛がないと自分が十分に生きていくことができないと考えているからです。
それは、自分が年を取ってから子供達が世話をしてくれないと困る、というような現実的な問題だけではなく、愛というものが自分を生かし、そして自分を成長させるために必要なものであるという事を皆さんは本能的に知っているからなのです。

ですから皆さんは愛を求めます。
しかし残念なことに皆さんの物理的な意識では、その愛というのはパートナーを求める、ということになってしまいます。
これは本当の愛ではなく、物理的な制限を持った3次元の愛ということになります。

そしてその愛が、例え3次元の愛であったとしても、その愛をしっかりと掴みたい、その愛を手放したくない、その愛を独占したい、という風に皆さんの意識が考えますから、そこにいろんな反発や摩擦が起こり、皆さんは愛によって傷つき、愛によって苦しめられることになるのです。
それは皆さんが、限りあるものの中に愛を求めるからなのです。
人間の肉体というものは限りがあります。
その人が死んでしまったら、その存在がなくなりますから、3次元的な愛はなくなります。
そのような有限な物に愛を求めて行くのであれば、皆さんの愛も3次元的な限定された愛になります。

しかしラナさんや私達はこの「宇宙の根源の愛」を皆さんが得ていただきたいと考えています。
この「宇宙の根源の愛」は無限です。
いくらあなたがその愛を求めたとしても、その愛がなくなることはありません。
あなたを裏切ることも、あなたを孤独にすることも、ましてやあなたを傷つけることもありません。
そこにあるのは、ただ無償の愛、見返りを求めない、与えるだけの愛です。
そして制限のない無限の愛です。

もしあなたがその愛に繋がったならば、あなたは物質世界で有限の愛を一生懸命求める必要もなくなります。
またあなたの中に、この「宇宙の根源の愛」が満たされていけば、「宇宙の根源の愛」によって多くの愛が引き寄せられてきます。
あなたは決して孤独を感じることなく、愛の世界で共に生きていくことができるのです。

あなたの根源の愛、無限の愛というものが、あなたの中で育っていけば、あなたの魂やスピリットも愛そのものとなっていきます。
その愛は本当にあなただけでなく、あなたの周りの人やあなたに関わってくる全ての人達に広がっていきます。
そのような愛を持つ人達が、この3次元や4次元の世界に増えてくると、当然この3次元や4次元の世界の波長もどんどん高くなっていきます。
この3次元や4次元の世界、そしてアセンションする地球というものも、さらに愛の波長によって軽くなり次元上昇していくのです。

地球の次元が上昇していくならば、地球はさらに高い周波数の世界に入りますので、その高い周波数の世界に存在しているスター・ピープルや高次元の存在達と皆さんが交流することができるようになります。
皆さん達も周波数がさらに上がり、皆さんの地球が6次元7次元になってくると、私達ササニ文明や高次のヤイエル文明の者達とも合流することができるようになってくるのです。

この「宇宙の根源の愛」というのは、皆さんの世界をさらに高めるためにも必要なのです。
ですから、ラナさんが皆さんを「宇宙の根源の愛」の世界に連れて行き、「宇宙の根源の愛」とこの地球をつなぐ事を、皆さんを通して行なっています。
皆さんは、まだ意識の制限がありますので、スムーズにこの「宇宙の根源の愛」に入っていけないかもしれません。
しかしやがてその制限も取れて、皆さんは「宇宙の根源の愛」の世界へと入っていくことができるようになるでしょう。

そうすると宇宙の根源の愛が、この地球の3次元4次元の世界にどんどん流れ込んでいくと地球の波動は高まり、さらに確実なアセンションを行うことができます。
そして今まで皆さんが会うこともできなかったようなスター・ピープル達と交流して、皆さんのアセンションする世界においても、さらに大きな進化が行われてくるのです。
ラナさんが考えていらっしゃることは、「宇宙の根源の愛」を使って、皆さんを目覚めさせ、そして地球の波長を上げるということなのです。
「宇宙の根源の愛」と深く繋がっていただきますよう心からお願いいたします。