自分の感情の処理について 7月17日 チャネリングライブPART3

〇TAKESHI
私たちはラナさんによって宇宙の根源の愛に連れて行っていただき、その時はワンネスを経験させて頂いたのですが、現実世界においてはいろんな感情、たとえば憎しみや怒りや心配、不安などの感情が出てくるのですが、そういった感情をうまく整理してワンネスの状態を常に保つためにはどうしたらよいか教えていただけますか


〇ラナさん
それはまずは自分自身を認めてあげて、そして他者も認めてあげるということが良いかと思います。
やはり皆様の中では、どうしても自分以外の人を同じ思いに引き込みたいという、相手をコントロールしたいという気持ちがあるように感じられます。
人は決してコントロールできる存在ではございません。
まずは自分以外の方を認め、そして信じてあげることが大切です。
その方は、その方がそういう生き方でいいと思い、またそのような日々を送りたいと思われてその状態になられているのです。

それをそっと見守るということが大切です。
自分と意見が合わない、また自分と一緒にいることで傷つくということがあった場合に、そっとその場から離れられてください。
その方が見ている世界とあなたが見ている世界が違うために反発が起きている、摩擦が起きているのです。
それぞれの世界の価値観や見方を尊重して、自分自身が望んでいる世界を理解している方たちの中に行くことがよろしいかと思います。
お互いの世界を邪魔しない、ということが愛なのです。

そして皆様がもうこれ以上苦しい思いをしたくない、自分の意見を押し殺したくないと思っているのであれば、少しずつ自分の意見を表に出して、そして自分自身がこの方達とだったら自由に表現できる、のびのびとできると思う方達のもとに向かわれるのもいいでしょう。

それは自分を尊重するという意味ですのでわがままではありません。
それは波長の問題ですから、ある意味宇宙の法則でもあります。
今までの皆様の世界のように、合わない考え方の人と無理に合わせ、自分を押し殺すということをされなくても良いのではないかと思います。

それぞれの世界を尊重してそれぞれの世界を認め、そして自分を認め、自分自身が安心できそして自由になれる場所に移り変わることも良いと思います


〇TAKESHI
ということは自分の中にある怒りや感情というものを どうにかしようとするのではなく、相手に対してコントロールしたいという思いや他人が自分が思った通りにしてくれないから嫌だ、というような思いを手放して、相手に対して何も期待しない、相手に対して自分の気持ちを押し付けないようにすることで、自分の感情も安らかになっていくという事ですよね。


〇ラナさん
皆さんの中には、やりたくないことをやるように強いられた時に「私はこれをしたくありません」と立場上言えません、とおっしゃる方がいるのですが、その立場を作って受け入れているのも、あなただと理解されてください。
今は3次元から5次元に移り変わっている、とても柔らかで柔軟性のある状態です。
全てを決めているのは、実は自分自身なのです。
自分自身で決めた決まり事を手放すということで、自分自身が楽になり解放されるということもあるでしょう。


〇TAKESHI
そうですね、多くの人達は相手に対して気を使い、自分が言いたいことを言えないということがよくありますが、そうようなことがあると自分自身を責めてしまったり自己否定を行うようなことも起こってきます。
その様な自分自身に対してコンプレックスを持ったり、イライラすることもよくあるのですが、そのような事に対してどのように対処していったらよいですか。


〇ラナさん
まず言葉で言いきってしまった方が良いと思います。
皆様の言葉は言霊といって、力を持っています。
私は、愛です
私は自由です。
私は光です。
私は無限の可能性を持った存在です。
このような言葉を、繰り返し呪文のように言ってみてください。
そうすると、その言葉を聞いた脳が、
私は愛なんだ。
私は自由なんだ。
私は光なんだ。
私は無限の可能性を秘めた存在なんだ。
その様に理解していきます。
脳がそのように理解すると、理解したことを行動に表そうとするのです。
行ってみては良いかと思います。


〇TAKESHI
ということは自分自身を否定するような言葉、
アーやっぱり駄目だったんだ。
自分はこの事を行う能力がないんだ。
という言葉を絶対に発しないということが、自分の気持ちをポジティブに変えていく、大切な方法だということでしょうか。


〇ラナさん
はい動画でも写真でも構いません。
実際目で見ても構いません。
星がたくさんが瞬く広い夜空を見上げながら、
私は愛そのものです。
私は自由です。
私は光です。
私は無限の可能性を秘めた存在です。
そのような言葉を言うことで、目に飛び込んできている美しい映像とそしてその言葉が脳に響き、自分は本当にそのような存在なんだ、ということを思ってしまいます。
このことを繰り返して行うことで、そのうち自分自身に対して反対のネガティブな言葉をかけなくなってくることでしょう。
なぜならそれは行動に現れるからです。


〇TAKESHI
そのようなときに、なかなか自分で意識してやっていても、とても根深い物を感じてしまう事もあります
サファイアさん達は、もうカルマはないから気にしなくても良いとおっしゃるのですが、自分深い意識や潜在意識に叩き込まれたような感情というか思いがあるのですが、そのことに関してはどのように対処していけばよいですか。


〇ラナさん
はい、そのような時こそコズミック・ツインライトを活用されてください。
自分の胸に手を当ててツインライトの光を送ると意図しながら「ありがとう、愛しています。ありがとう、愛しています」と言ってみてください。
そうすることによって「宇宙の根源の愛」の世界から愛と創造の光が送られてきますので、ハートにどんどん光を送ってください。
すると、ハートの中が「宇宙の根源の愛」と宇宙の創造のエネルギーで満たされていきます。
根深い感情があったとしても、あなたの心が「完全なる愛」や「完全なる創造の光」に満たされていけば、その様な感情は勝てません。
全てが満たされて行くのです。


〇TAKESHI
この「宇宙の根源の愛の光」と「宇宙の創造の光」の区別をもう少しはっきりと知りたいのですが、教えて頂きますか。


〇ラナさん

「宇宙の根源の愛の光」は完全なる愛の世界の純度の高い愛の光です。
この「宇宙の根源の愛の光」は、皆さんが愛に戻ることを手助けしてくださいます。
ただ「私はここに存在するだけで価値があり、愛なんだ」ということをこの光は思い出させてくれるでしょう。
ただ愛の状態になる、それが「宇宙の根源の愛の光」です。

そしてシルバーの色の「宇宙の創造の光」は宇宙に存在している者達の喜びや自信などが含まれた創造性で溢れた光なのです。
宇宙に存在している者達のポジティブな思いの結晶と言っても良いでしょう。
この光に触れることによって、とても楽しい気持ちになり、自分は何だってできるなんだ、何でも作れるという思いを持つことでしょう。
そして、どこにでも行けるという思いが込み上げてきます。
実際に宇宙に存在している者達は、あらゆることをワクワクで達成し、喜びで溢れた状態になった思いがこの光になったからです。
宇宙に存在するものたちは地球の方も家族と思い、そして皆様をサポートしたいと心から思っているのです。
宇宙に個として存在している者達の祈りの光でもあるでしょう。
このツインライトの光はそのような光なのです。