10月2日チャネリングライブPART2 人間の感情について

PART2 人間の感情について

○TAKESHI
まず、今日は人間の感情についてお話を聞きたいと思います。
今まで3次元を楽しみ学びを得るために感情というものがありました。
この感情というのは人間の心や意識とはちょっと違う領域のものだと思いますが、人間の意識と感情の違いそして潜在意識そのような心の働きについて話を聞きながら進めて行きたいと思いますがいかがでしょうか。


○サファイアさん
まずは喜怒哀楽についてのお話をしたいと思います。
皆様は怒り、憎しみ、悲しみ、喜びという感情お持ちだと思います。
これらの感情は3次元特有の感情です。
3次元にしかない感情とも言えるでしょう。
5次元以上の世界になりますと苦しみ、悲しみ、怒り、憎しみという感情はございません。
なぜなら5次元という世界は、皆様はおひとりおひとりが、自分自身を深く愛し自分のことを尊重しながら周りの方達も尊重し愛することができる世界だからです。
お互いがそのような方たちが集まる世界なのです。
そして自分自身がどんなことでも実現できる「宇宙規模の創造性と能力」があるとしっかり分かっている状態ですので、人を羨んだり嫉妬するということはございません。
全て自分で自分の願いを叶えることができると知っているからです。
まさに5次元以上の世界の方達はお1人お1人がまるで神様のようになるということなのです。

それでは3次元の世界にお話を戻しましょう。
3次元の世界は、自分自身が本当は神だということを伏せられたまま生きる世界なのです。
自分自身には力がなく、自分自身には取り柄がなく、光を見ることができないと思い込んでいる世界です。
そのように自分の力に蓋をして、ベールを被せるからこそ、あらゆることが体験できてくるのではないかと思います。

これは魂があらゆるバージョンの知識を得たいからこそ、自分の可能性を隠し目隠しをして生きることでさまざまな経験をしているのです。
魂にとってこれは挑戦なのです。
自分の中で可能性をふさぎ、目隠しをして光を封じて生きることで、どのようなことが起きるのかということを魂自身が実験しているのです。
そして3次元の世界でそのように目隠しをして生きることで、今まで実際感じたことがなかった怒り、悲しみ、憎しみ、妬みということが生まれました。
これは、魂にとっては大きな発見でした。
完全なる光、完全なる愛の存在が、自分自身が愛だということ、自分自身が光だということを隠し目隠しをすることで、真逆の存在になるということに気づいた瞬間なのです。
そして、その状態が大変面白くて新鮮だったので、もっともっとあらゆる経験をしたいと魂は思い、今の今まで皆さんは3次元という世界を体験してきました。
魂は大きな収穫を得られたと思います
この喜怒哀楽という感情は、本来の自分自身を隠されたからこそ生まれた感情です。

そして意識というのは、皆様の物理次元の世界にあるのではなく魂の世界に存在しているものです。
魂が持っているものとお伝えしてもよいでしょう。
魂自身が抱いているもの、これが意識です。
皆様が、自分の意識を見られる時、自分自身の普段の感覚ではなく少し上に行ったような感覚で感じられると思います。
それはまさに魂が持っているものだからこそなのです。
意識はすべてを知っております。
本来の自分自身の姿をすべて知っているのです。
光であること、完全なる愛の存在であること、無限の可能性を持っていること、意識はそれらをすべて知っているのです


○TAKESHI
意識というものが、魂が持っているものだとすれば、魂は数100、数1000というパラレルワールドの自分を持っているわけですから、その数100、数1000のパラレルワールドの自分にすべて共通している同じものということになりますか。


○サファイアさん
いいえ、パラレル世界の自分自身の数と同じくらいの意識を持っています。
魂はあらゆる意識を使い分けることができます。
魂はひとりひとりの意識というものを作り上げ、してそれを魂自身が管理して使っています。
そしてその意識をどう使うかは、パラレル世界のひとりひとりの自分に託されております。


○TAKESHI
それでは、ひとりひとりが持っている意識によって自分自身と魂が繋がっていると考えてもよろしいのでしょうか。


○サファイアさん
意識によってつながっているわけではございません。
魂がメインの存在だとしましょう。
そして何1000というパラレル世界の自分自身に合わせた意識が同じ数ほどございます。
そしてその意識を観察し管理をすることで、パラレル世界のひとりひとりの自分自身がどのように行動するか、どのように生きるかということを見ております。
時々パラレル世界の自分自身によっては、その意識をアップデートすることがございます。
この仕組みは大変複雑ですので、もう少ししてからご説明したいと思います。
今は、ただ意識はアップデートされることがあるということだけを頭に置かれておいてください。


○TAKESHI
そのアップデートというのは、私たちが3次元世界から5次元世界に変わって大きく意識が拡張する時に起きるようなことですか。


○サファイアさん
そうとは限りません。
この仕組みに関しては、大きな理由がございますので今は説明する事ができません。
まずは皆さんが5次元の世界に入られて、目に見えないものが見えるようになった時にその理由が分かるかと思います。


○TAKESHI
それでは、私はそのことを5次元世界に入った後に知ることを楽しみにしておきましょう。
では次に人間の意識と心の働きについて教えてください。


○サファイアさん
意識は魂に近い場所にあると思われても良いかと思います。
そして意識と心というのは大変距離がございます。
意識というのは何1000とある自分自身を作り出している魂が作り出したものです。
心は物理次元で肉体を持っている皆様おひとりおひとりが作り上げたものです。
心は経験によって感じ方が変わってきます。
皆様が肉体を持って生まれたばっかりの頃は、ただ愛の状態で、愛と喜びしかない状態です。
その状態から皆様はあらゆる経験を積み重ねることで感情というものが生まれてきます。
そして経験によって心の感じ方も変わってきます。
生まれたばかりの皆様が、赤ちゃんの頃は心もただ愛だけがある状態です。
そこから経験を重ねることで感情というものが生まれ、そして感情によって心が変化していきます。

3次元の中だけで説明しますと、皆様が本来の自分から遠ざかるような経験をすることで心が傷ついていき、感じ方も変わっていきます。
3次元では、皆様全員が目隠しをした状態で進みますので、お互いがぶつかり合いながら前に進むことでどんどんと傷ができてしまいます。
また予期せぬハプニングが起きたりすることで心が変化して行きます。
そして感情も大変豊かになって行くのです。


○TAKESHI
以前スター・ピープルの皆さんが、地球人はいろんな感情、特に憎しみや悲しみ、怒りなどを持っているために、なかなかアセンションできないという話をしていたのですがその件に関してどのように考えられますか。


○サファイアさん
はい、7次元以上の高次の存在達は、もう2度と物理世界で感情を持って生きる、というような経験が出来ないために、皆様のことをとても温かい目で見ております。
困るということは一切ございません。
なぜなら、そのような3次元という世界を経験できるのは、皆様の今の瞬間だけなのです。
5次元の世界に入ってしまうと、このような貴重な経験はできません。
私たちはよくそのことを理解しておりますので、この貴重な経験を奪わないように温かい目で見守っております。
皆さまのペースで進むことを私達は見守るのです。
ただあまりにも3次元の世界を経験しすぎて、自分自身が決めた予定どおりに5次元の世界に行けない場合にはもちろんサポートいたします。
それ以外は、私たちは皆様のペースを崩さないように見守るだけにしております。
私たちはアセンションして行くためには、「自分を愛すること」「他人を愛すること」が大事だと考えておりますが、自分の心の中に怒りや憎しみがあると自分を愛することができなかったり、自分自身や他人を否定してしまうということになります。


○TAKESHI
そうなりますと、自分の感情が、自分たちがアセンションすることを邪魔しているということになりますか。


○サファイアさん
はい、それは自分自身が「完全なる愛の存在」であることを理解していないからこそなのです。
怒りや憎しみが沸き起こってきた時、それを深く内観することが大切でしょう。
しかしトラウマのようになっている奥深い苦しみや悲しみ、怒りが伴う場合は、あえてそれを思い出すことをしないでただ「宇宙の根源の愛の光」と「宇宙の創造の光」である「コズミック・ツインライト」の光を自分自身に送られてみてください。
またはどなたか祈りを送っていただくこともよろしいかと思います。
自分自身だけで行うことが難しい場合には、他の方にも頼まれて愛を送っていただくことでその元となっている心が癒され、自分にしっかりと向き合うことができるようになるでしょう。

○TAKESHI
この深い苦しみや悲しみの感情の中には、自分が幼い頃に受けてきた経験や親との関係など、自分が意識できないレベルで起こっている感情というものがありますが、これも「コズミック・ツインライト」の光を当てることによって、それが解消するということもありますか。


○サファイアさん
はい、ございます。
特に自分だけが送るのではなく、同じ地球人の方に「コズミック・ツインライト」の光を送っていただくことで、皆様は肉体を持って生きていますのでとても強く愛が届き、その部分が愛で満たされ解消されていくでしょう。