8月27日夜チャネリングライブPART2ー4番目の扉と自分の使命

〇TAKESHI
8月8日は3次元世界から5次元の世界に行く3番目の扉が開いたと聞いております。
4番目の扉は9月の中旬以降に開く予定となっているようですが、この4番目の扉が開くと私達の 精神状態や社会の状況はどのように変わっていく可能性がありますでしょうか。


〇ラナさん
はい、この4番目の扉が開くことで、より本当の自分自身に皆様が気づいていきます。
今まで皆様が暮らしていた3次元という世界は、自分を出すことなく自分を押し殺して、他の方たちと足並みをそろえて生きていた世界でした。

あなたが本当に言いたいことや思っていることがあっても、その言葉を言うことなく飲み込み、みんなにとって差し支えのないことを言ったり、あたかも自分がその様に思っているかのごとく行動していたかと思われます。
中には言葉と心の思いが正反対の方もいたでしょう。
ただもうすでに、5次元世界に向かうための3番目のゲートが開き、5次元にさらに近づいてきたことで、心と言葉がバラバラであることが難しくなってきています。

心で思っていることをつい言ってしまったり、自分が良いと思って行動していることが、他の皆様にとって違和感のある行動であったりするようなことが、これからも増えてくるかと思います。
それは、あなたの心の思いと行動を一致させるためだったのです。
高次の光は、皆様を本来の自分に戻し、そして心の思いのままに行動することができるように致します。

自分の心を愛で満たし、そして傷がない状態、愛が溢れ健やかな状態でいますと、心の中を他の方が見たとしても全く違和感のないとてもクリアな状態になっているので差し支えないと思われますが、心と行動、心と言葉が一致していないとさらに苦しい思いをすることになるでしょう。

3次元に留まる方はその葛藤が起こってくるかと思います。
5次元に向かう方達は、心と言葉、行動が一致するような出来事が起こり、また癒しも行われてきて、どんどん心も軽やかになり、心のままに行動したり、言葉を発することができるようになるのです。

心の底から人々やたくさんの生命を愛せるようになっていくのです。
そして、5次元世界にむかう最後の扉を開いた時に完全に心がオープンになり、愛で溢れた皆さまになっておられます。
そしてその頃には愛に基づかないことがどんどんとなくなっていき、社会システムであってもすべてのことにおいて愛に基づいた仕組みが考え出されるようになってきます。
また真実もどんどん明るみになってきますので、皆様はあらゆる場面で嘘がつけなくなりますし、また嘘をつく必要もなくなるのです。
真実のみが存在する世界になっていきます。


〇TAKESHI
今まで私たちは鹿児島に住んでいたのですが、最近は波長が合わなくなり、鹿児島から大隅へと移ろうかと思っているのですが、これから私たちが住む環境も自分たちの気持ちにもとづいて移り変わっていくのでしょうか。


〇ラナさん
では、TAKESHIさんに限定してお話ししましょう。
これは例えば、こういう例もあるということでお話しいたします。
TAKESHIさんたちがコズミックヴィレッジを作る場所が大隅に決まったことで、その場所を管理し活用するために大隅に引っ越す必要が出てきました。
これはもともと地球に高次の光が入ってきたことで、自分の魂の使命に気付き、魂に基づいて行くべき必要がある場所に導かれ、そして役目に着くから起きている事なのです。

もちろん、これから他の皆様にもそのような事が起こってくるでしょう。
なぜか自分は行くつもりがなかったのに、どんどんとその場所に行く方向に動かされ、全く知らない土地だけれども移り住むことになった。
そのような場合は魂の使命が発動し、使命に基づいてその場所に呼ばれたと思われても良いかもしれません。

これから、多くの方達がこの地球に来て本来何をするべきか、何をしようと思っていたのか、魂レベルで思い出し、その役目に築かれることでしょう。
初めは理解できないことであったとしても、行なっていくうちに、これは確かに私にしかできないことだったと深い部分で納得いたします。

今地球にいらっしゃる皆様一人一人が、この地球に来られる前にあらゆる思いを抱き、そして役目を担い、この地球にやってきました。
しかし、この地球にやってきたことで、地球以外で暮らしていた時の記憶を全て失い忘れてしまったのです。
何をしに地球にやってきたか、ということを、輪廻転生を繰り返すうちに忘れてしまっただけなのです。

そして地球がアセンションしていくこの時こそ、皆様は、自分の使命や地球に来た目的を思い出すという作業を行っているのです。
そしてアセンション後の地球でははっきりと自分自身がどのような思いでこの地球にやってきたの、どのようなことをこの地球でしようとしていたのか思い出されることでしょう。
本当の自分自身に皆さんは帰っていきます。
そしてそれが5次元という世界なのです。